ジャックラッセルテリア キンちゃんだよ

2012年12月23日

ねねちゃん

珍しくキンパパの更新です。

最近は仕事のせいにして、キンさん達ともろくに遊んであげていません。(反省)
当然ネットサーフィンしていません。
今朝キンママに「ねねちゃんのこと知ってる?」と尋ねられましたが知るはずもありません。
遅ればせながら、ねねんちゃんの事情・現状を知り涙しました。
(近年特に涙もろくなったキンパパ。年のせいです。ハイ。)

ご存知の方も多いことでしょう。
しかし、あえてここで広報させて頂きます。
少しでも多くの方にねねんちゃんのことを知って頂きたく・・・。
訪問者が少ないブログとは分かっていますが・・・。

さて、本題です。
ねねちゃんは、滋賀県で保護収容され、多大な問題を抱えたジャックです。
現在は名古屋でその問題解決(治療・療養)を行っています。
ねねちゃんも完治に向け必死に生きようと頑張っています。
また、直接ねねちゃんをお世話している、こはく姐さん頑張って下さい。

写真は当初のねねちゃん。
nene1.jpg

nene2.jpg

ねねちゃん支援については、こちらから。
ねねちゃんの詳細は、こちらのブログから。


ここからキンママ・・・
ねねちゃんはたぶんブリーダーが放棄しただろうとのことです。
キンのブリーダーさんはそんなこと絶対しないと思いますが、
キンのお母さん(タニちゃん)のことを思い出してしまいました。
1歳でキンを産んでいるのでもう7歳くらいでしょう。
もともと出産には不向きな体質だったそうです。
できることなら、引き取りたかったくらいです。
タニちゃんは里親の元で幸せに過ごしていると信じています。

ねねちゃんの生命力の強さと、これからの幸せな生活を心より願っています。

posted by キンママ at 19:11| Comment(3) | パパ日記
この記事へのコメント
ごめんなさい。
私も知りませんでした。
パピーミルはほんとに問題ですね。
こういう事があるからなんか純血種を飼ってるのが悪い事のように思われます。
全ての繁殖にかかわる方(もちろんその恩恵を受けてる私達も)
がきちんと向き合って行かなくてはならない問題だと思います。
ついつい目を背けてしまいますが。
ねねちゃんの幸せを祈ります。(ねねちゃんだけでなく全ての犬の幸せも)
Posted by ぱちママ at 2012年12月24日 22:47
ぱちママさん

コメントありがとうございます。
キンブロにしてはちょっと重い話でしたね。
こんなことしかできませんが、少しでも寄付が増えてくれると
いいです。

画像は保護された当初のねねちゃんなので、ちょっと痛ましい
のですが、今はとても大事にされていて、ブログを拝見すると
本当に保護されてよかったと涙がでます。
ねねちゃんはある意味、運や生命力が強いんだと思います。
お世話をされているこはく姐さんには頭が下がります。
ねねちゃんのことを知ったみんながきっと同じ思いで見守って
いると思います。生きて幸せになってほしい。

パピーミル・・・人間としてどうなんでしょうね。
私には詳しいことはわかりませんが、許せない気持ちで
いっぱいです。
Posted by キンママ at 2012年12月24日 23:35
ぱちママさん

一人でも多くの方に知って頂きたいと思い・・・。
コメントありがとうございます。

まずは、自分の愛犬に対して似たような状態にならないよう(あり得ませんが)、家族として終生幸せでいられるよう再認識して頂ければと思います。
また、JFSとしてレスキューに対してもっともっと協力できるよう考えなければと思っています。

犬関係の仕事をしていたこともあり、多くのブリーダーと接したり、内部事情も沢山聞いています。
パピーミルの線引きは人によって違いはあるでしょうが、ねねちゃんの場合は明らかにパピーミルのブリーダーでしょう。
私が犬の商売を止めた理由の一つとして、ブリーダーの資質の問題もあります。
命を扱う、生み出す特殊な商売ですから難しい話しですが・・・

ねねちゃんの幸せを願います・・・。
Posted by キンパパ at 2012年12月25日 20:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: